Chineselens Optics は今後 10 年間で最も信頼できる光学製品メーカーになります
チャイニーズレンズのロゴ5

アクロマートレンズの知識、コスト、製造業者に関するガイド

アクロマートレンズの概要

アクロマートレンズとは何ですか?

アクロマートレンズとは何ですか

アクロマティック レンズは、色収差と球面収差の影響を制限するように設計された光学レンズの一種です。色収差は、異なる波長の光が異なる量で屈折したときに発生し、すべての色を同じ収束点に焦点を合わせることができません。その結果、縁の周りに色の縁取りがあるぼやけた画像になります。アクロマティック レンズは、2 つの波長 (通常は赤と青) を同じ平面に焦点を合わせるように設計されており、色収差を大幅に低減します。

構成

アクロマートレンズは通常、分散特性の異なる 2 種類のガラスを組み合わせて作られます。

  1. クラウングラス: 分散性の低いガラスの一種。
  2. フリントガラス: 分散性の高いガラスの一種。
 

これら 2 つ以上の要素が接着されてダブレット レンズが形成されます。これらの材料の組み合わせにより、光の分散が抑制され、色収差が効果的に最小限に抑えられます。

利点

  • 画質の向上: 色収差を低減することで、アクロマートレンズはより鮮明でシャープな画像を提供します。
  • コスト効率が高い: より複雑なレンズ システムと比較すると、アクロマート レンズはパフォーマンスとコストのバランスが優れています。
  • 汎用性: 幅広い光学用途に適しています。

アクロマートレンズはどのように機能しますか?

色収差

色収差は、光の波長 (色) によってレンズを通過する際の屈折度合いが異なるために発生します。これにより、各色が光軸に沿った異なる点に焦点を合わせるため、色縞のあるぼやけた画像が生成されます。

動作原理

アクロマート レンズの機能の鍵は、これら 2 つの要素の組み合わせにあります。その仕組みは次のとおりです。

  1. クラウングラスによる屈折: 光がクラウンガラスレンズに入ると、屈折して焦点を合わせ始めます。ただし、分散性が低いため、異なる波長の光 (赤と青など) はわずかに異なる点に焦点を合わせます。
  2. フリントグラスによる訂正: 次に、光はフリントガラスレンズを通過します。フリントガラスは分散度が高いため、光はより大きく曲がります。フリントガラスレンズの負の曲率は、クラウンガラスレンズの正の曲率を打ち消します。
  3. 共通の焦点に収束する: これら 2 つのレンズを組み合わせることで、2 つの光の波長 (通常は赤と青) が同じ焦点に収束します。これにより色収差が大幅に軽減され、より鮮明な画像が得られます。

図の説明

アクロマートレンズの仕組み

これを視覚化するには、すべての色を含む白色光線が無色レンズに入ることを想像してください。

  • クラウンガラスレンズは光を曲げ、異なる色が異なる点に焦点を合わせ始めます。
  • 次に、フリントガラスレンズが光を反対方向に曲げ、さまざまな色を共通の焦点に戻します。

色消しレンズの種類

ポジティブアクロマートレンズ

ポジティブアクロマートレンズ ポジティブアクロマチックレンズは、光のさまざまな波長によって引き起こされる色収差を補正するように設計された精密設計の光学レンズです。これらは通常、異なる屈折率と分散率を持つ 2 種類のガラス素材を慎重に貼り合わせて作成され、異なる波長の光を同一平面上に集中させ、色収差を軽減または除去することを目的としています。

構造と原理

正の色消しレンズは通常、正の低屈折率要素 (クラウン ガラスなど) と負の高屈折率要素 (フリント ガラスなど) で構成されるダブレットです。この組み合わせにより、一方のレンズの色収差が他方のレンズによって中和され、色収差の補正が達成されます。

アプリケーション

これらのレンズは、特に蛍光顕微鏡、画像中継、検出、分光法などで広く使用されています。広い波長範囲にわたってほぼ一定の焦点距離を提供し、単一レンズと比較して、より小さな光スポットとより鮮明な画像を生成します。

利点

  • 色収差補正: 光の 2 つの主波長を効果的に集束させ、色収差を大幅に低減します。
  • 画質の向上: 単一レンズと比較して、より鮮明な画像とより細かい光点を実現します。
  • 多様なコーティング オプション: さまざまなアプリケーションのニーズに合わせて、VIS、NIR、SWIR などのコーティングを選択できます。
 

製造と材料

ポジティブ色消しレンズの作成には、選択された 2 つの材料、通常は N-BK7 ガラスと SF5 ガラスを正確に接着することが含まれます。曲率半径、中心厚などのレンズ設計パラメータは、最適な光学性能を確保するために綿密に計算されています。

代表的な仕様(例)

  • 直径: 50.80mm
  • 有効焦点距離 (EFL): 150.00mm
  • コーティング: 反射防止コーティング AR@400-700nm
  • 材質:N-BK7/SF5
  • バック焦点距離 (BFL): 140.40mm
    曲率半径 (R1/R2/R3): それぞれ 83.20mm、-72.10mm、-247.70mm
  • 中心厚さ(CT):15.00mm
  • 表面品質: 仕様に応じて 40-20 から 60-40 の範囲

 

高精度のイメージング機能と色収差補正を備えたポジティブ アクロマティック レンズは、高度な光学システム、特に画質が最も重要な用途に不可欠なコンポーネントです。

ネガティブ色消しレンズ

ネガティブ色消しレンズ ネガティブアクロマートレンズは、色収差を補正するために特別に設計された光学レンズで、通常、低屈折率のクラウンガラスと高屈折率のフリントガラスという2種類の異なるガラス材料を貼り合わせて作られています。対応するポジティブ色消しレンズとは異なり、ネガティブ色消しレンズは主に光線を集束させるのではなく分散させるように機能します。

構造と動作原理

負の色消しレンズは、正分散のクラウン ガラス レンズと負の分散のフリント ガラス レンズの組み合わせで構成されます。この設計は、1 つのレンズで生成される色収差を別のレンズで生成される色収差で打ち消し、色収差を効果的に補正することを目的としています。これらのレンズは、光を発散させる必要があるさまざまな光学システムにおいて重要な役割を果たします。

応用分野

ネガティブ色消しレンズは、レーザー ビーム エキスパンダー、光リレー システムなど、光学分野で幅広い用途に使用されます。広い波長にわたって安定した発散角を提供し、単レンズと比較してより小さく鮮明なスポットと画像を生成できます。

利点

  1. 効果的な色収差補正: レンズは異なる波長の光線を同一平面上に分散させることができ、色収差の問題を大幅に軽減します。
  2. 優れた画質: 単レンズと比較して、負の色消しレンズはより鮮明な画質を提供し、より小さな光スポットを生成します。
  3. 多様な構成: さまざまな使用要件に応じて、レンズは可視光、近赤外線 (NIR)、短波赤外線 (SWIR)、およびその他の波長に適したさまざまなコーティング オプションで構成できます。
 

製造材料

製造段階では、負の色消しレンズには通常、N-BK7 や SF5 などの材料が使用されます。レンズの製造には、最適な光学性能を確保するために、曲率半径、中心の厚さ、端の厚さなどの多くのパラメータの綿密な設計が含まれます。

代表的な仕様

  • 直径: 50.80 mm
  • 有効焦点距離: -150.00 mm
  • コーティング: 400 ~ 700 nm 帯域の反射率を強化したコーティング
  • 材質: 通常は N-BK7 および SF5 ガラス
  • 後焦点距離: -140.40 mm
  • 曲率半径:R1 -83.20 mm、R2 72.10 mm、R3 247.70 mm
  • 中心厚さ:15.00mm
  • 表面品質: 40-20 から 60-40 まで変化します。
 

全体として、負の色消しレンズは、高精度の光の方向転換と色収差の補正を必要とする光学システムにおいて重要な役割を果たします。

アクロマートトリプレットレンズ

トリプレットアクロマート

アクロマート トリプレット レンズは、色収差やその他のタイプの光学異常を効果的に補正するために特別に設計された高度な光学技術を表しています。これらのレンズは 3 つの異なるレンズ要素で構成されており、通常は高屈折率材料で作られた 2 つの要素が低屈折率材料で作られた 1 つの要素を包み込んでいます。この配置により、歪曲収差や球面収差などの収差が大幅に低減されるだけでなく、クリアで高品質な結像結果が得られます。

構造と動作原理

色消しトリプレット レンズは通常、精密な接着プロセスによって接着された 2 枚の高屈折率ガラス (クラウン ガラスなど) と 1 枚の低屈折率ガラス (フリント ガラスなど) で構成される対称的な 3 要素設計を特徴としています。この構造レイアウトにより、レンズは色収差を効率的に補正し、対称性により糸巻型歪曲収差や球面収差などの収差をさらに低減することができます。

応用分野

アクロマートトリプレットレンズは、その優れた結像特性により、高画質な結像が求められる分野で幅広く使用されています。これらには、蛍光顕微鏡、分光法、表面検査、ライフサイエンスイメージングなどが含まれます。このレンズは、幅広い波長範囲にわたって優れた色補正と高解像度の画質を提供できます。

利点

  1. 色収差補正: アクロマティックトリプレットレンズは、異なる波長の光を同じ焦点面に正確に調整することができ、色収差の発生を大幅に軽減します。
  2. 収差の低減:独創的な対称設計と精密な製造プロセスのおかげで、糸巻型歪みや球面収差などの歪みが効果的に制御され、最小限に抑えられます。
  3. 高解像度の画像処理: これらのレンズは、さまざまな精密光学用途に高解像度および高品質のイメージング ソリューションを提供します。
 

製造材料とプロセス

アクロマート トリプレット レンズの製造には、さまざまな種類の材料で作られたレンズを正確に接着することが含まれます。一般的なレンズ材料には、従来の光学ガラス、紫外グレードの溶融シリカ (JGS1)、赤外グレードの溶融シリカ (JGS3)、およびフッ化カルシウム (CaF2) などが含まれます。曲率半径、中心部と端部の厚さなどの主要なレンズパラメータは、最適な光学性能を確保するために細心の注意を払って設計されています。

代表的な仕様

  • 製造材料:光学ガラス、紫外用溶融石英、赤外用溶融石英、フッ化カルシウムなど各種。
  • 寸法許容差: 通常、工場の標準仕様では±0.03mm、精密製造では最大±0.01mmを実現します。
  • 中心厚さの許容差:工場出荷時の標準仕様として±0.03mm、製造限界は±0.02mmとなります。
  • 曲率半径の許容差: 工場出荷時の標準仕様として±0.3%、製造限界は±0.2%に達します。
  • 表面品質: 工場基準では 20-10 レベルを達成し、より高い要求に応じて 10-5 レベルに向上します。
  • 不規則性: 一般的な標準は 1/5 ラムダで、より高い要求の制限は 1/10 ラムダ未満です。
  • 中心偏差: 通常の工場条件下では、セントレーションは 3 分角 (Arcmin) 以内に制御できますが、製造制限は 1 Arcmin に厳しくなります。
 

アクロマートトリプレットレンズは、最新の光学システム、特に高精度のイメージングと色収差補正を必要とするアプリケーションにおいて重要な役割を果たします。高品質の設計と製造により、多くの高度な光学用途に最適な選択肢となっています。

非球面色消しレンズ

非球面色消しレンズは、非球面レンズと色消しレンズの両方の利点を組み合わせて、洗練された光学コンポーネントを作成します。このユニークな組み合わせにより、優れた画質と正確な色収差補正を実現できます。

構造と動作原理

これらのレンズは通常、色消しレンズと非球面レンズの 2 枚のレンズを貼り合わせて構成されています。非球面レンズの設計は、従来の球面レンズによって生じる波面誤差を軽減することを目的としており、それによってより正確な画質を実現し、RMS スポット サイズを縮小し、回折限界に近づけます。

製造と材料の選択

一般に、これらのレンズは感光性ポリマーとガラス光学部品から作られ、ポリマーは接着されたレンズペアの片面に塗布されます。この方法により、レンズを短期間で迅速に製造できるだけでなく、従来の複数要素アセンブリと同様の柔軟性も提供されます。ただし、非球面色消しレンズの使用温度範囲は非常に狭く、-20°C ~ +80°C に制限されており、深紫外 (DUV) スペクトル透過には適していません。

主な利点

  1. 色収差補正: 色収差を効果的に補正し、異なる波長の光を同じ平面上に正確に集光します。
  2. 収差の低減: 非球面設計により、球面収差と波面誤差が大幅に低減され、画質が向上します。
  3. 費用対効果: 従来の多素子光学系と比較して、このレンズはコストパフォーマンスに優れています。
 

応用分野

非球面色消しレンズは、次のようなさまざまな高精度光学システムで広く使用されています。

  • ファイバーの集束またはコリメーション
  • 画像中継システム
  • 検出およびスキャン システム
  • 高開口数イメージング システム
  • レーザービームエキスパンダー
 

技術仕様

  • 材料: 感光性ポリマーとガラス光学レンズ
  • 動作温度範囲:-20℃~+80℃
  • 主な用途: ファイバー集束、イメージングリレー、検出スキャン、高開口数イメージングなどが含まれます。
 

独創的な設計と効率的な製造プロセスにより、非球面色消しレンズは優れた光学性能と幅広い用途を実証し、現代の精密光学および視覚システムに不可欠な主要コンポーネントとなっています。

各種アクロマートレンズの比較

次の表は、さまざまなタイプの色消しレンズの特性を比較しています。

特徴無彩色ダブレット無彩色トリプレットポジティブ無彩色ネガティブ無彩色
工事2つの要素 3つの要素ポジティブ&ネガティブポジティブ&ネガティブ
色補正良好 (スペクトルが限定的)優れています (より広いスペクトル)良好 (スペクトルが限定的)N/A (分岐)
球面収差対処されていない対処されていない対処されていない対処されていない
画質良い素晴らしい良いN/A (分岐)
アプリケーション顕微鏡、望遠鏡、カメラ高精度撮像(天文学)カメラ、望遠鏡レーザー測距、分光法
料金適度高い適度適度
特徴円筒形無彩色無彩色ペア非球面アクロマートハイブリッド非球面
工事円筒形マッチドダブレット非球面非球面レンズ + その他のレンズタイプ
色補正1面(水平・垂直)シングルダブレットよりも改善されました素晴らしい並外れた
球面収差対処されていない対処されていない修正しました修正しました
画質適度とても良い素晴らしい優れた
アプリケーション円筒ビーム整形、非点収差補正画質の向上ハイエンドイメージングハイエンドイメージング
料金適度高いすごく高い最高

接着型アクロマートとエアスペース型アクロマート

アクロマートレンズは、異なる屈折率と分散特性を持つガラス素材を組み合わせることで、色収差を効果的に低減または除去します。これらのレンズは主に、接合レンズと空気層レンズの 2 つのタイプに分類されます。以下に、これら 2 種類のレンズをさらに比較します。

接合型色消しレンズ

接着無彩色

利点:

  • 反射損失の低減: 2 つの空気ガラス界面での反射損失を排除することで、接合レンズはより高い光透過効率を実現します。
  • コンパクトな構造: 接合レンズは通常、小型かつ軽量であるため、コンパクトな設計が要求される光学系に適しています。
  • 耐久性: レンズ要素が接合されているため、接合レンズは傷や物理的損傷が起こりにくくなっています。
  • 簡素化された光路設計: レンズ内の光の伝播では接合層の数を無視できるため、光路設計が簡素化されます。

短所:

  • 熱膨張の問題: さまざまなガラス材料の熱膨張係数の違いにより、特に大口径レンズの場合、温度変化によって接合層に亀裂や剥離が発生する可能性があります。
  • 製造コストの上昇: 接合レンズは、レンズ要素を適切に位置合わせするために高精度の製造プロセスを必要とし、製造コストが増加します。
  • 残留色収差: 接合レンズは色収差を効果的に低減しますが、場合によっては画像の端に色収差が残ることがあります。

エアスペースアクロマティックレンズ

エアスペースアクロマチック

利点:

  • 収差補正の向上:エアスペース設計により設計の自由度が高まり、球面収差やコマ収差などの収差をより効果的に補正します。
  • より高いレーザー損傷耐性: 接着剤を使用しないため、空気層レンズは高出力レーザー用途での耐損傷性が向上します。
  • 優れた熱安定性:エアスペースレンズは温度変化による材料の熱膨張の影響を受けにくいため、大口径レンズに適しています。

短所:

  • 反射損失の増加: 空気層レンズの空気ガラス界面により反射損失が増加するため、追加の反射防止コーティングが必要になる可能性があります。
  • より複雑な構造: 設計と製造はより複雑になり、レンズ要素の正確な間隔と位置合わせが必要になります。
  • サイズと重量の増加: レンズ要素間の空気間隔を維持するために、空気間隔レンズは接合レンズよりも大きくて重いことがよくあります。

接合型色消しレンズと空気層型色消しレンズには、それぞれ独自の長所と短所があります。接合レンズはコンパクトな設計と高い光透過効率を必要とする用途に適していますが、空気層レンズは高出力レーザーの使用やより正確な収差補正が必要なシナリオで利点を発揮します。特定の用途のニーズとコストパフォーマンスの比率を考慮すると、どのタイプのレンズを選択するかを決定することができます。

特徴接合アクロマットエアスペースアクロマート
工事2 つまたは 3 つの要素が接着されている空隙によって分離された 2 つまたは 3 つの要素
利点・小型・軽量 ・低コスト ・製造が容易・優れた画質(内面反射の低減) ・収差補正のための設計の自由度が向上 ・曇りにくい
短所* 内部反射が高くなります (ゴーストの原因となる可能性があります) * 収差補正のための設計の自由度が制限されています * 温度変化による損傷を受けやすくなります (ガラスの膨張率が異なるため)* 大きくて重い * コストが高い * 製造がより複雑
アプリケーション* 基本的な色補正のための費用対効果の高いソリューション * カメラ (特にコンパクト モデル) * 望遠鏡 (初心者レベル) * 顕微鏡 (学生レベル)* 高性能イメージング システム * 天体望遠鏡 * ハイエンド顕微鏡 * レーザー応用
料金より低いより高い

パフォーマンス指標

色消しレンズを選択するときは、レンズが特定のアプリケーション要件を満たしていることを確認するために、次の性能指標に焦点を当てることが重要です。

  • 色収差補正能力: 色消しレンズの主な役割は、色収差を補正し、異なる波長の光が同じ点に焦点を結ぶことができるようにすることです。この機能はレンズの性能の重要な指標です。
  • 透過率: レンズの透過率は、レンズを通過する光のエネルギー損失に直接影響します。透過率が高いということは、レンズが光をより効率的に透過し、損失を低減できることを示します。
  • 波面の歪み: 波面歪みは、光がレンズを通過した後の波面の変形の程度を表します。波面歪みが低いレンズは、光の元の波面をよりよく維持できるため、画質が向上します。
  • 材質とコーティング: レンズに使用される素材と表面コーティングは、その性能に大きな影響を与えます。高品質の素材と適切なコーティングで作られたレンズは、通常、より高い耐久性、反射防止特性、環境適応性を備えています。
  • 焦点距離と開口数 (NA): 焦点距離はレンズの倍率と作動距離に関係し、開口数はレンズの解像度と集光能力に関係します。
  • サイズと形: レンズのサイズと形状は、使用中の光学システムとの互換性を確保するために、特定のアプリケーション要件に基づいて選択する必要があります。
パフォーマンス指標説明重要性
焦点距離レンズ中心から平行光が集まる位置までの距離倍率と作動距離を決定します
有効絞り光が通過する透明な開口部の直径集光と被写界深度に影響を与える
色補正色収差を最小限に抑える機能 (異なる距離で異なる波長に焦点を合わせる)色にじみを最小限に抑えるために重要
画像解像度形成された画像でキャプチャされる詳細レベルシャープネス、コントラスト、全体的な画質に影響を与える
伝染 ; 感染レンズを通過する光の割合より高い透過率により、より明るい画像とより優れた低照度性能が得られます。
ねじれ画像内の直線がどのように伸びたり曲がったりするか建築写真や写真測量などのアプリケーションに不可欠
表面品質レンズ表面仕上げの品質傷、穴、または不均一なコーティングは画質を低下させます
材料特性使用するガラスの特性(屈折率、分散など)色補正、透過、耐久性に影響を与える
サイズと重量レンズの物理的寸法と重量可搬性とスペースの制限のために重要
料金アクロマートレンズの価格パフォーマンスのニーズと予算のバランスが重要です

色消しレンズの用途

アクロマートレンズは、その優れた色収差補正機能により、多くの分野で重要な役割を果たし、結像品質と光学システムの全体的な性能を大幅に向上させます。主な応用分野は次のとおりです。

  • 光学イメージングシステム: 顕微鏡、望遠鏡、カメラなどのデバイスでは、色消しレンズが色収差や球面収差を効果的に軽減し、より鮮明な画像を提供します。
  • 写真とビデオ撮影: 色収差を補正することで、色消しレンズは写真やビデオで正確な色を再現し、よりリアルで自然な画像を実現します。
  • レーザーシステム: レーザーの集束と透過に色消しレンズが使用され、レーザーの品質に対する色収差の影響が軽減され、システム全体の精度と効率が向上します。
  • 光ファイバー通信: アクロマチックレンズは分散効果を軽減し、それによって光ファイバー通信技術にとって重要な信号伝送の品質と安定性を向上させます。
  • 科学研究: 分光計や干渉計などの科学機器では、色消しレンズが測定精度を向上させ、データの信頼性と精度を高めます。
  • 工業用検査とマシンビジョン: この分野では、色消しレンズにより画像の鮮明さと精度が向上し、検査および認識プロセスの効率が最適化されます。

色収差やその他の収差を軽減する色消しレンズの優れた性能により、現代の光学技術は大きく進歩しました。幅広い応用分野は、さまざまな光学システムの性能と画像品質の向上に色消しレンズが大きく貢献していることを示しています。

色消しレンズ要素の一括購入とカスタマイズの価格要因

色消しレンズを一括購入してカスタマイズする場合、価格は主に次の要因によって決まります。

  • 材質の品質: アクロマート レンズは通常、高屈折率のフリント ガラスと低屈折率のクラウン ガラスから作られています。これらの材料の品質はレンズの性能と価格に影響を与える重要な要素であり、高品質の光学ガラスほど高価になります。
  • 製造精度:色消しレンズの製造には、レンズの表面形状、心出し、表面仕上げなどの高精度の加工と組み立てが不可欠です。レンズの精度が高くなると製造コストも高くなります。
  • レンズサイズと焦点距離: レンズの直径と焦点距離は価格に大きく影響します。レンズの直径が大きく、焦点距離が長いほど、より多くの材料とより複雑な製造プロセスが必要となり、より高価になります。
  • 光学コーティング: レンズの透過率と反射防止特性を高める光学コーティングもコスト要因です。多層高性能コーティングは単層コーティングよりも高価です。
  • カスタマイズ要件: 特定の用途のニーズに合わせてカスタマイズされたレンズには通常、追加の設計、テスト、製造コストがかかり、カスタム レンズが標準製品よりも高価になります。
  • まとめ買い: 大規模生産では、固定費を分散することでレンズあたりのコストを削減できます。ただし、初期の金型とセットアップのコストが高くなる可能性があります。

調達プロセスでは、材料の品質、製造精度、レンズのサイズと焦点距離、光学コーティング、カスタマイズ要件、一括購入などの要素を考慮することが、特定の用途のニーズと予算を満たす色消しレンズを選択するための鍵となります。

色消しレンズのトップ 10 メーカー

色消しレンズは、色収差を低減するように設計された重要な光学部品であり、顕微鏡、望遠鏡、その他の光学機器で広く使用されています。以下は、色消しレンズ製造分野で世界的に認められたサプライヤーのトップ 10 です。

  1. エドモンド・オプティクス:
    高品質の光学部品で世界的に有名な Edmund Optics は、研究用途と産業用途の両方で広く使用されている色消しレンズを提供しています。
  2. 当社:
    光学およびフォトニクス分野の製品に特化した当社では、研究室と産業用途の両方のニーズを満たす多様な色消しレンズを提供しています。
  3. ニューポートコーポレーション:
    Newport は、高精度色消しレンズを含む、研究および産業市場向けの包括的な光学ソリューションを提供しています。
  4. ショットAG:
    特殊ガラス業界の世界的リーダーとして、Schott は高品質の光学ガラスと色消しレンズを供給しています。
  5. ニコン:
    光学機器の産地として知られるニコンの高性能色消しレンズは、顕微鏡や写真機器などに幅広く使用されています。
  6. オリンパス:
    オリンパスは、色消しレンズをはじめとする高品質な光学部品や光学システムを主に医療・研究分野に提供しています。
  7. ツァイス:
    光学および光電子技術の国際的リーダーであるツァイスは、顕微鏡検査や写真撮影で広く使用されている高精度の色消しレンズを製造しています。
  8. キヤノン:
    キヤノンは、写真や産業用途で広く使用されている色消しレンズを含むさまざまな光学部品を提供しています。
  9. イエノプティック:
    Jenoptik は、色消しレンズを含む、医療、産業、科学研究市場向けに高精度の光学コンポーネントとシステムを提供しています。
  10. オプトシグマ:
    光学コンポーネントおよびシステムの製造を専門とする OptoSigma は、研究および産業用途のニーズを満たすさまざまな色消しレンズを提供しています。

これらのトップサプライヤーは、光学部品製造における豊富な技術と経験を活用して、さまざまな用途の要求を満たす高品質の色消しレンズを提供しています。

まとめ

コスト効率の高い色消しレンズのメーカーをお探しですか?中国に拠点を置く大手光学会社、チャイニーズレンズオプティクスについて考えてみましょう。当社は、カメラレンズ、望遠鏡、顕微鏡などの幅広い用途向けの色消しレンズの製造を専門としています。 Chineselens Optics は、手頃な価格と優れた製品品質で業界での評判を築いています。
科学研究プロジェクト、写真趣味、計測機器、または正確なイメージングが必要なあらゆる状況において、当社の色消しレンズは優れた色補正と画像の鮮明さを提供します。あなたのプロジェクトと製品が新たな高みに達するのに役立つ高品質の光学ソリューションとサービスを得るには、チャイニーズレンズオプティクスをお選びください。 今すぐ当社の専門家にご相談ください。

当社の専門家とつながる

私たちはお手伝いします

引用を要求
This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

時間とコストを節約することが私たちの共通の目標です。

お客様の光学コンポーネントのニーズを Chineselens Optics にお任せいただければ、当社の専任マーケティング チームがカスタマイズされた対応とソリューションを迅速に提供します。

住所

中国江蘇省塩城市延河東路12号

お電話ください

+86-18005107299

電子メールアドレス

chineselens@foxmail.com

電子メールアドレス

sales@chineselens.com

カスタム見積りを開始する

お問い合わせ