Chineselens Opticsは、今後10年間で最も信頼できる光学製品メーカーになります。
レーザーコリメーション用精密非球面レンズ 1

中国のメーカー

光学非球面レンズ

球面レンズと比較して、非球面レンズは球面収差を補正し、システムのサイズと重量を削減しながら、より優れた結像性能と画質を提供します。
予算が限られていて適切な非球面レンズを在庫している場合でも、多額の予算がありハイエンドの光学コンポーネントをカスタマイズしている場合でも、当社はワンストップの高精度サービスを提供します。

光学非球面レンズカテゴリー

非球面レンズは、眼鏡、カメラレンズ、レーザー光学系など、さまざまな用途に使用されるレンズの一種です。これらは光学収差を補正し、網膜上に焦点を合わせた画像の品質を向上させるために使用されるため、通常は矯正レンズの一種として分類されます。非球面レンズは、光の焦点を合わせたり、望ましい光学効果を作り出したりするなど、他のさまざまな目的にも使用できます。     
当社は、光を集束・拡散させ、優れた透過特性を実現する光学素子である高性能の球面・非球面レンズの生産に取り組んでいます。

非球面レンズ
研磨された非球面レンズ
非球面レンズ
成型非球面レンズ
ガモミ
赤外非球面レンズ
アクロマートレンズ
アクロマート非球面レンズ
非球面レンズ
亜鉛非球面レンズ
tpxレンズ
TPXレンズ
カスタム非球面レンズ

Chineselens のカスタム非球面レンズ

当社は、特定の波長に対する幅広い光学材料に応じて、お客様に適した非球面レンズを製造できます。最小限の公差範囲を維持できるため、最高の品質を提供できます。カスタム非球面レンズの競争力のある見積もりを迅速に提供します。優れた精度、口径サイズの拡大、効率の向上に重点を置いています。

当社の非球面レンズを選ぶ理由?

精度の向上

当社の非球面レンズは、従来の球面レンズよりも複雑な曲率を持っているため、より正確に光を集束させ、収差を低減することができます。

パフォーマンスの向上

精度が向上した結果、当社の非球面レンズは光学システムの性能を向上させ、より鮮明で鮮明な画像を提供します。

高品質の素材

当社の非球面レンズは高品質の素材と高度な製造プロセスで作られており、耐久性と信頼性が保証されています。

幅広い材料加工能力

当社では、形状、サイズ、焦点距離の異なる非球面レンズを幅広く取り揃えておりますので、用途に最適なレンズをお選びいただけます。

専門家によるサポート

当社の専門家チームが、お客様のニーズに適した非球面レンズの選択をお手伝いし、ご質問にお答えします。

競争力のある価格

当社の非球面レンズは競争力のある価格で提供されているため、必要な高品質の光学部品を予算に合った価格で入手できます。

非球面レンズの用途

1. カメラ: カメラのレンズに非球面レンズを使用すると、収差を除去し、画質を向上させることができます。
2. プロジェクター: 非球面レンズを使用して投影効果を向上させることができます。
3. ビデオ メガネ: 非球面レンズをビデオ メガネに使用すると、ユーザーの視覚体験が向上します。
4. レーザー プリンター: レーザー プリンターでは非球面レンズを使用して、印刷品質を向上させることができます。

非球面レンズカメラ

よくある質問

非球面レンズは、非球面の曲率を持つという点で通常のレンズとは異なるタイプのレンズです。これは、均一な曲率を持つ通常のレンズとは異なり、レンズの曲率が表面上のすべての点で同じではないことを意味します。その結果、非球面レンズは光学収差を補正し、網膜上に結像される画像の品質を向上させることができます。カメラのレンズや眼鏡など、高画質が不可欠な用途で特に役立ちます。

非球面レンズを使用すると、次のようないくつかの利点があります。

  1. 画質の向上: 非球面レンズは、画像が歪んだりぼやけて見える原因となる球面収差やコマ収差などの光学収差を補正します。より鮮明で鮮明な画像を網膜上に焦点を合わせることができます。
  2. レンズの厚みと重量の低減:非球面レンズは通常のレンズよりも複雑な曲率を持っているため、同じ光学性能レベルを維持しながら、レンズをより薄く、より軽くすることができます。眼鏡やカメラレンズなど、重量とサイズが重要な用途に特に有益です。
  3. 設計の柔軟性の向上: 非球面レンズは、非球面の曲率により広範囲の光学特性を実現できるため、通常のレンズよりも設計の柔軟性が高くなります。レーザー光学やイメージング システムなど、特定の光学効果が必要な用途に役立ちます。
  4. 視力の向上: 非球面レンズは、特に通常のレンズでは視力の問題を完全に補正できない場合に、視力の向上に役立ちます。これは、高乱視やその他の複雑な視覚の問題を持つ人にとって特に有益です。

非球面レンズは、次のようなさまざまな用途で一般的に使用されます。

  1. 眼鏡: 非球面レンズは、視力の問題を矯正し、視力を改善するために眼鏡によく使用されます。乱視、近視、遠視など、多くの視力の問題を解決するために使用できます。
  2. カメラ レンズ: 非球面レンズは、生成される画像の品質を向上させるためにカメラ レンズによく使用されます。光学収差を補正し、歪みを軽減し、より鮮明で鮮明な画像を実現します。
  3. レーザー光学系: 非球面レンズは、レーザー光線の焦点を合わせて整形するためにレーザー光学系で使用されます。幅広い光学特性を持つように設計できるため、さまざまなレーザー ビームの形状と強度を作成するのに役立ちます。
  4. 投影システム: 非球面レンズは、オーバーヘッド プロジェクターや映画館で使用される投影システムなどで、プロジェクターからの光の焦点を合わせて整形するためによく使用されます。鮮明で鮮明な映像をスクリーンに投影できます。
  5. 医療機器: 非球面レンズは、内視鏡や顕微鏡などのさまざまな医療機器でも、生成される画像の品質を向上させるために使用されています。外科手術や組織分析など、高解像度のイメージングが必要な用途に役立ちます。

非球面レンズは、より複雑な製造プロセスを必要とするため、通常のレンズよりも高価になる可能性があります。非球面レンズは標準レンズよりも複雑な曲率で設計されており、通常のレンズでは補正できない画像の歪みや収差を補正できます。このため、光学性能が向上し、視覚的な鮮明さが向上しますが、コストが高くなります。

非球面レンズは、ガラス、プラスチック、シリコンなどのさまざまな材料から作ることができます。そして、それぞれの素材には、レンズのパフォーマンスに影響を与える可能性のある独自の特性があります。ガラス製非球面レンズは精度と耐久性が高いことで知られていますが、重くて壊れやすい場合があります。プラスチック製の非球面レンズはガラスよりも軽量で耐衝撃性に優れていますが、光学的により高い精度が必要になる場合があります。シリコン非球面レンズは柔軟性があり、さまざまな目の形状に合わせて成形できますが、耐久性はガラスやプラスチックのレンズほど劣る場合があります。

今すぐ見積もりが必要ですか?

お問い合わせ

カスタム見積りを開始する