Chineselens Opticsは、今後10年間で最も信頼できる光学製品メーカーになります。

球面レンズと非球面レンズ。非球面レンズと球面レンズ。

レンズにはさまざまな形があり、その違いを理解することで、画像処理用途に最適なレンズを選ぶことができます。

球面レンズ

球形

球面レンズはその表面全体が均等な曲率を持ち、比較的安価で製造が容易である。しかし、球面レンズは球面収差と呼ばれる現象に悩まされることがあります。球面収差とは、球面レンズの周辺部を通過する光線が中心部を通過する光線と比較して正しく焦点を結ばない現象のことで、大口径レンズや高倍率レンズではこの現象により画像がぼやけて見えることがあります。

非球面レンズ

非球面形状

非球面レンズは、中心から周辺まで曲率が変化する複雑な形状を特徴としており、より正確なピント合わせを可能にし、球面歪みによる歪みを少なくすることで、より鮮明でコントラストの高い画像を実現します。非球面レンズは、通常のレンズ設計よりもコストが高く、製造が難しいかもしれませんが、その優れた光学性能により、高精度の用途では価値があります。

画像アプリケーション

画像処理における非球面レンズと球面レンズの選択は、その目的によって異なります:

  • 明確さと解決

    非球面レンズは、球面歪みが少ないため、高解像度や鮮明さが要求される画像処理用途に最適なソリューションです。

  • 視野

    非球面レンズは、歪みのない広い視野が必要な場合や、シーン全体でより均一な画像を作成する場合に最適な選択肢です。

  • コンパクトさ

    非球面レンズの設計は、球面レンズの設計よりもコンパクトで、複数のレンズをシステムに統合することでサイズと重量の両方を減らすことができる。

  • コスト

    予算に制約がある場合、球面レンズは優れた光学性能を必要としない経済的な選択肢となります。光学性能がそれほど重要でない用途にご利用ください。

  • 特殊用途

    非球面レンズは写真画像を改善することができる。非球面レンズは、内視鏡や眼科などの様々な医療用画像処理に応用されている。その鮮明な画像は診断に役立ちます。さらに、非球面レンズは、高画質の画像処理能力で精密な測定を必要とする科学研究用途でも重要な役割を果たしています。

レンズを選ぶ際には、画質、必要な視野、レンズ設計のコンパクトさ、コストなど、アプリケーションのあらゆる要件を考慮してください。非球面レンズは収差を伴う用途でより良い性能を発揮する傾向があり、球面レンズはそれほど要求の高くない用途やコスト重視の用途であれば十分かもしれません。

球面レンズの仕組みは?

球面レンズ焦点距離

屈折は、光線が通過する際に曲げられる球面レンズを通過するときに起こる。このようなレンズに入った光は、レンズの曲面と相互作用し、収束(凸レンズ)または発散(凹レンズ)に向かいます。

ここでは、タイプに基づいて球面レンズがどのように機能するかを詳しく説明します。

1.凸球面レンズ(収束レンズ)

2.凹球面レンズ(ダイバージングレンズ)

球面レンズは、その曲率、構成材料の屈折率、通過する光の波長によって、光の焦点を合わせることができます。球面レンズは、その均一なカーブにより歪曲収差に悩まされ、端に当たった光は中心に当たった光よりも屈折率が高くなるため、光軸に沿った焦点位置が異なることになります。

非球面レンズはどのように機能するのですか?

非球面レンズ焦点距離

非球面レンズは、球面レンズと同様に、屈折として知られるプロセスを通過する光線の方向を制御することによって機能しますが、表面の曲率が大きく異なるという特徴があります。それらのプロファイルは、通常均一な曲率を特徴とする球形のものよりも複雑になる傾向があります。そのため、表面の曲率が不均一であるため、収差 (特に球面) をより効果的に補正するのに優れています。そのため、光をより正確に 1 つの焦点に集中させます。均一な曲率を特徴とする対応する球面の対応物が特徴とする均一な曲率とは対照的に、不均一な表面曲率により収差をより効果的に補正しながら収差を補正する。また、一点に焦点を合わせた場合、従来の同等品よりも効率的に光を一点に集中させます。

非球面レンズをよく見て、その機能を確かめてください:

  • 複雑な表面形状

    非球面レンズは、非球面レンズで発生する歪みやその他の光学的欠陥を補正するために、中心から異なるカーブを描く面を特徴としています。非球面レンズの設計は、これらの光学的欠陥を補正し、時間の経過とともに発生する歪みを防ぐように数学的に計算されています。 非球面レンズは、その曲率を調整する能力を持っているため、中心または端のどちらかから入射した光線は、1つの焦点に収束し、より鮮明な画像を生成します。これにより、非球面レンズは球面収差を減少させ、より鮮明な画像を得ることができます。

  • 球面収差の低減

    レンズの縁を通過する光線は、中心を通過する光線とはオフセットして焦点を結ぶ傾向があり、大口径の球面レンズでは不快なボケを生じさせる。 非球面レンズのユニークな形状は、光線がすべて1つの中心点に収束するように方向を変えることで、収差を補正するのに役立ちます。

  • 画質の向上

    非球面レンズは、球面歪みを除去または最小化することで、視野全体にわたってよりシャープで鮮明な画像を生成し、高度な写真撮影、ハイエンドの光学機器や科学機器などの高精度画像処理アプリケーションにおいて非常に貴重なツールとなります。

  • 設計・製造

    非球面レンズの設計と製造には、より高い技術力が要求される。非球面レンズの表面曲率に不均一な曲率を作り出すためには、精密研削、研磨、成形などの高度な製造技術を取り入れる必要があるかもしれません。

非球面レンズ設計には、光学性能の向上やよりコンパクトなレンズ構成など、課題を上回るいくつかの利点があります。

非球面レンズと球面レンズの違いは何ですか?

非球面光学レンズと球面光学レンズは、形状も光の処理能力も異なるため、レンズがどのような用途に使用されるかによって、異なる利点と欠点が生まれます。以下に詳細な比較を示します。

1.形状と曲率

球面と非球面のイメージコントラクト

2.光学性能

3.製造のコストと複雑さ

4.アプリケーション

球面レンズと非球面レンズは、光学性能、設計の複雑さ、コストなどを含むアプリケーションの要件に基づいて選択する必要があります。非球面レンズは、より高い精度を提供すると同時に、多くの汎用的な用途に対して手頃な価格のソリューションであり続け、逆に非球面レンズは球面レンズよりも優れた画質を提供する傾向があります。

適切な非球面レンズと球面レンズを見つけるには?

ニーズに適した非球面または球面レンズを見つけるには、特にフォトニクス内でいくつかの重要な側面を考慮する必要があります。フォトニクスは、通信システムやレーザー ビーム システムから医療用フォトニクス、レンズを必要とするセンサーに至るまで、あらゆるものを網羅する広範な分野です。この包括的なガイドは、フォトニクス アプリケーションにおける適切なタイプのレンズの選択に役立ちます。

非球面と球面のイメージコントラスト

1.アプリケーションの要件を理解する

2.デザインとコンパクトさ

3.コスト対パフォーマンスの評価

4.サプライヤーの能力について話し合う

5.テストとプロトタイピング

フォトニクスアプリケーション用の非球面レンズまたは球面レンズを選択するには、組織的な方法でレンズを選択することでフォトニクスシステムから望ましい性能を達成するために、アプリケーション要件、設計要素、コストと性能の考慮事項、およびサプライヤーの協力を慎重に検討する必要があります。

最新の投稿

円形ビーム シリンドリカルレンズ

シリンドリカルレンズとは

シリンドリカル レンズの紹介 シリンドリカル レンズ (シリンドリカル レンズまたはセミシリンドリカル レンズとも呼ばれる) は、X 軸と Y 軸の半径が異なるレンズで、円筒形または半円筒形を作成します。

続きを読む "
エキスパートとつながる

私たちがお手伝いします

引用を要求
このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されています プライバシーポリシー そして 利用規約 適用する。

お客様の時間とコストを節約することが私たちの共通の追求です。

お客様の光学部品のニーズをChineselens Opticsにお任せください。弊社の専門マーケティングチームが迅速にカスタマイズされた対応とソリューションを提供いたします。

住所

中国江蘇省塩城市塩河東路12号

お電話でのお問い合わせ

+86-18005107299

メールアドレス

chineselens@foxmail.com

メールアドレス

sales@chineselens.com

カスタム見積りを開始する

お問い合わせ